Revalが銀行向けに企業の財務管理を支援するソリューションを発表

コペンハーゲン発 – 2015923スケーラブルな財務・リスク管理(TRM)のクラウド型プラットフォームを提供するRevalは、新製品、Reval INSIDE™をコペンハーゲンで開催されたEurofinance International
Cash & Treasury Management Conference
(ブース番号L04)で発表しました。Reval INSIDEは、今年発売される3つ目のパッケージで、Reval Cloud Platformの機能を活用しています。これを利用すると、大手および中堅銀行はウェブベースのポータルを通じたコーポレート・バンキング・サービスをコスト効率の高い方法で拡充することができます。

 

「企業が直接Revalを利用するのと同じ理由から、企業向けセルフサービス製品を拡張するため、Revalを採用する銀行が増えています。」とRevalの資金サービス事業部門のバイスプレジデントGuenther Peer氏は語っています。「企業はグローバル化の影響を感じており、資金予測やキャッシュの管理・最適化が出来る高度な機能を求めています。

 

Reval INSIDEは銀行専用に設計されており、既存のウェブベースのコーポレート・バンキング・サービスを拡充することが可能となります。主な機能には、キャッシュマネジメント、資金予測、グローバル・キャッシュ・プーリング、インベストメント・スウィープ、コア・バランス・マネジャー(銀行が法人顧客に取引するメリットを与え、貴重な法人預金の勧誘を支援する独自の機能)があります。事前に設定されたモジュールのパッケージであるReval INSIDEを銀行の既存のウェブベースの製品と統合すると、自行で同様の機能を構築するよりも早く商品化でき、コスト効率も高まります。銀行はホワイトレーベルとするか、企業の財務・リスク管理の高度な機能において先端を行くクラウド・プロバイダーとして世界の業界やアナリストから認識されるRevalブランドとするかのいずれかを選択できます。

 

「多くのクライアントが求めている重要なことの1つは、効率的な流動性管理、つまりどこかの市場で生成したキャッシュを別の市場の事業の成長を支援するために使用できる能力です。 それには、当行が国や地域を超え、世界で、操作できるプーリング構造を設定できることが鍵となります。Revalはそれを効果的にできるエンジンを提供します。このシステムによって業務は著しく向上し、こうしたタイプのソリューションを当社のコアクライアントに提供することによって、競争上極めて有利になります」と、国際的な銀行グループで世界のダイナミックな市場で従業員86,000人以上を雇用し、150年の歴史を誇るスタンダードチャータード銀行マネージング・ディレクター兼トランザクション・バンキング部法人営業および財務ソリューション責任者Victor Penna氏は述べています。

 

 Revalは過去16年にわたり、受賞歴を誇る財務・リスク管理商品を企業や企業と取引する銀行に提供しています。 現在、同社のクライアントは600社を超え、ユーザーは25か国で数千人にのぼります。
 

【本件に関するお問い合わせ先】
●財務・リスク管理テクノロジーの利用状況の調査および記事の内容に関するお問い合わせは以下にご連絡ください。
  Reval Japan株式会社 マーケティング担当 佐野 通子
  TEL     : 03-5288-5938
  e-mail  :    Michiko.Sano@reval.com

  Reval 広報担当  Zoe Sochor
  TEL     : +1-212-901-9768
  e-mail : zoe.sochor@reval.com

●Reval INSIDEに関する詳細は、以下にお問い合わせください。
  Reval Japan株式会社
  TEL      :   03-5288-5547
  e-mail  :   SalesJapan@reval.com
  サービスの詳細はこちら: http://www.reval.com/jp