グローバル企業の財務チームとローカル市場の関わりをより一層深化させる

デンバー 20151020 - Reval Cloud Platform バージョン15.1のリリースにより、グローバル企業の財務チームはローカル市場における業務を円滑にする新しいテクノロジーを財務・リスク管理(TRM)で利用できるようになりました。いくつかの業界初となる機能を含んだ今回の新バージョンは、本日、Association for Financial Professionalsの年次総会 #AFPDenver において発表され、#Reval のブース #1407 でデモの実演が行われました。

 

Reval社の最高技術責任者Philip Pettinato は以下のように述べています。「大企業、中小企業にかかわらず、特に事業が様々な地域で営まれている場合、支払いや銀行取引、トレーディング、コンプライアンスに問題を抱えています。ある国と別の国の差異はわずかな違いかもしれませんが、それが累積すると、テクノロジーによる支援がなければ対応できないほど非常に大きな影響となりえます。バージョン15.1は、グローバルで業務を展開する際の複雑を排除する為、ローカル市場における財務チームの負担はかなり軽減されます。困難な部分はRevalのソリューションがカバーしますので、各企業はそれを行う必要はありません。」

 

Reval社は、様々な市場で事業を行う企業のニーズを満たすために、これまで売上高の30%以上をR&Dに投資し、財務・リスク管理業務の充実した基盤を強化し続けています。日本では、Reval社はNTT データの新しいゲートウェイサービスをファーストユーザとして導入し、Revalのクラウドプラットフォームに統合のうえ提供します。当社のクライアントはこのゲートウェイを利用することで、NTTデータのeBAgent®サービスを通じて、日本国内の各銀行口座情報へのアクセスが可能になります。また、当社のクライアントは、このアクセスと、マルチバンキングサービス機関FIDESにおける2バイト文字に対するReval Cloud Platformの新サポートによって、グローバルバンキングの独自かつ統一的な接続サービスを経験できるようになります。  

 

IFRS第9号のヘッジ会計基準を早期に適用できる地域の企業が当社の新しいIFRS第9モジュールをご利用いただく場合は、P&Lの変動を抑制することもできます。当社は、サービスとしてのTRMソフトウェアの世界的プロバイダーとしてこの新基準に対応するモジュールを初めて導入しました。また、国内以外の銘柄のヘッジに関する会計処理において監査人からの圧力が高まっている欧州・中東・アフリカおよびアジア太平洋地域のクライアントに対応するため、信用評価調整(CVA)モジュールにモンテカルロ法に基づく期待エクスポージャー(EE)方法を追加しました。さらには、当社の発生主義に基づく改良された報告書を利用することで、企業は社債発行費用の期間按分額や投資回収率を容易に閲覧することができます。新バージョン15.1は、日本やブラジルにおける端数処理についての詳細な市場慣行にも適応しており、7月のインフレは9.56%と12年ぶりの高水準になっているブラジルでインフレに対応してローン返済に適用されるBrazilian Taxa Referencialの料率(BRLTR、TR)インデックスも導入しています。

 

Reval Cloud Platformの詳細やその新機能、拡張機能については、電子メール(SalesJapan@reval.com)にてお問い合わせいただくか、www.reval.com/jp をご覧ください。

 

【本件に関するお問い合わせ先】
●記事の内容に関するお問い合わせは以下にご連絡ください。
  Reval Japan株式会社 マーケティング担当 佐野 通子
  TEL     : 03-5288-5938
  e-mail  :    Michiko.Sano@reval.com

  Reval 広報担当  Zoe Sochor
  TEL     : +1-212-901-9768
  e-mail : zoe.sochor@reval.com

●Revalのソリューション、サービスに関する詳細は、以下にお問い合わせください。
  Reval Japan株式会社
  TEL      :   03-5288-5547
  e-mail  :   SalesJapan@reval.com
  サービスの詳細はこちら: http://www.reval.com/jp