Revalが日本担当ソリューション・コンサルタントとして柴田健太郎氏を採用 アベノミクスで拡大する企業財務をサポート

東京発 – 2015217 – 安部首相の経済政策の推進により、企業各社が海外展開傾向を強める中、世界的な財務技術先端企業であるRevalは、日本企業へ財務・リスク管理(Treasury Risk Management)サービスとソルーションをクラウド上で提供を開始するため、Reval Japan株式会社の設立を完了したことを本日発表しました。また、同時に、柴田健太郎氏を日本担当ソリューション・コンサルタントに任命し、営業体制の強化を図ることといたしました。

 

「成長企業の今後の方向性に影響を与え、技術導入による財務変革が主流となるこの時期にRevalに参加できることを非常に喜ばしく思います。企業がグローバル展開していく中で財務組織の拡大に伴う統制を強化し、流動性の管理方法をコントロールしなければ様々なリスクにさらされます」と柴田氏は述べています。氏は15年にわたり複数の世界有数の銀行に勤務し、企業の財務部門へのソリューション提供、資本市場における規制対応など、金融業務における豊富な経験があります。

 

「企業財務部門に対して、安全なクラウド技術で何を実現できるのか、また世界的なキャッシュの流れを把握するためにいかに異なる組織を統制できるのか、しっかりと理解できるように支援していきます。Revalでは、企業各社が情報の把握だけでなく組織の財務成熟度を次のレベルに引き上げるための支援を引き続き行っていくことから、柴田氏の財務と金融における豊富な経験は非常に有益です」とReval Japan 株式会社 代表取締役長崎一男氏は語っています。

 

柴田氏は、JPモルガンで7年の間、Treasury Servicesを初め複数のポジションを米州と日本で経験してきました。さらに、米国大和証券のクレジット商品トレーディング、住友三井銀行のキャッシュ・マネージメント・ソリューション・グループでの要職を歴任してきました。

 

日本でのRevalに関する詳細は、http://www.reval.com/jp をご覧いただくか、info@reval.comまでお問い合わせください。