ヘッジ会計 & コンプライアンス

監査およびFBAR、IFRS 9、EMIR、ドッド・フランク法等、コンプライスの不安を払拭

金融規制の遵守に対する自信

規制要件がかつてないほど厳しくなっている中で、新しく、変化し続ける規制が財務業務やコンプライアンスにどのような影響を与えるのかを理解する必要があります。

Revalのエキスパート集団は、ASC 815(FAS 133)、ASC 820(FAS 157)、ASC 820-10(FAS 161)、 IAS 39、IFRS 7、IFRS 13、IFRS 9、EMIR、ドッド・フランク法、SEPA、BiMoG、FBARなどの複雑な規制要件のコンプライアンスを支援します。 Revalの業界随一のヘッジ会計ソフトウェアにより、財務のプロフェッショナルである皆様は文書化やレポートを自動化、一元化することが可能となります。

ヘッジ会計と法規制遵守のための機能

ヘッジ会計

ヘッジ目的、見通し、遡及的な有効性テストと回帰分析の強力なツールでヘッジ会計戦略を効率的に実施します。

法規制遵守

EMIRからFBARまで、海外の複雑な規制要件を遵守し、IFRS9に備えます。

監査統制 & レポーティング

監査や不定期の照会に備えます。 監査トレイルとワークフロー統制を利用することにより、 在庫やアクティビティ分析から期末レポートを作成します。

General Ledger

(総勘定元帳)

Revalクラウドプラットフォームに記録されている全商品の仕分けエントリを作成し、貴社のERPシステムにインポートします。 複数財務年度、エントリのグループ化、地域別元帳にも対応します。

専門知識

財務、リスク、デリバティブ管理のベストプラクティスについて、優秀で経変豊かなスペシャリストで構成されるヘッジ会計技術タスクフォース(HATT)をご活用下さい。

Revalのヘッジ会計をご体験ください。 成功に向けた次のステップとは?

監査およびヘッジ会計レポート
四半期当たりのトレード件数
キャッシュフロー予測
四半期当たりのマーク・トゥ・マーケット件数

ヘッジ会計や規制レポートにRevalを利用する理由

Revalのリスク管理およびヘッジ会計機能を使えば、グローバル財務チームは以下を実施できます。

  • リスク管理やヘッジ会計業務の可視化、効率化、統制
  • 監査のミスや修正を防止しつつ、セキュリティおよびコンプライアンスを向上
  • ヘッジの過不足を回避し、運用コストも削減
  • デリバティブのバリュエーション、エクスポージャー管理、ヘッジ会計における他社にはない専門性の利用
lgIcon_trustedPartner

ヘッジ会計に関するお客様の声

「Revalは資金予測、リスク管理、ヘッジ会計を単一ソリューションにまとめているため、簡単に利用できるだけでなく、IFRS 13やIFRS 9などの新しい規制要件に合わせて修正できます。」

- Genesis Energy、資本市場責任者、Dan Dillane氏

「Reval´s SaaS TRMソリューションによって、新しい基準に対応できるだけでなく、リスク管理プロセスの効率を高め、より正確なマーク・トゥ・マーケットのバリュエーションを提供し、ヘッジ会計の統合機能を利用することができます。」

- British Sky Broadcasting Group plc、グループトレジャラー、Simon Morley氏

「当社はローカル環境へのインストールとSaaSを検討しましたが、費用対効果の分析では、SaaSがより高い価値をもたらし、グローバルな事業全体で拡張でき、アップグレードが即時に行えるというメリットがありました。」

- Aristocrat Leisure Limitedグループトレジャラー兼IRマネージャー、Reuben Rattos氏

「Revalは資金管理とヘッジ会計を1つのプラットフォームに一元化し、自動化することで、当社の手作業による操作や運用リスクを削減しました。」

- Mighty River Powerトレジャリーマネージャー、Tim Thompson氏