デリバティブ・セールス・サービス

付加価値のある法人デリバティブ・サービスにより差別化を

法人顧客向けの新しいデリバティブ・サービス

デリバティブ・セールス・デスク等の部署が、Reval の各領域における専門性を活かし、デリバティブについて深く理解し、付加価値の高いマーク・トゥ・マーケット、リスク管理デリバティブのバリュエーション、ヘッジ会計サービスを法人顧客に提供できるようになります。

デリバティブ・セールス・デスクにとっての利点

商品の強化

セールス/トレーディングやサービスにヘッジ会計の開示、評価、測定を加えることにより、銀行は顧客がヘッジ会計基準に準拠するために必要なバックオフィスの文書化やレポートを提供できます。

より高い専門性

専門家の知識を活用することにより、デリバティブ・セールス・チームは、ASC 815(FAS 133)/IAS 39/ IFRS などのヘッジ会計規制におけるコンプライアンスや ASC 820(FAS 157)/IFRS 13 における公正価値の測定など、顧客からの質問に迅速に、かつ豊富知識をもって対応できます。

ヘッジ有効性の改善

金利、外国為替、コモディティ市場に関するデータを使用して回帰分析を行い、ヘッジの有効性評価を改善し、ドルオフセット法を使用する際にありがちな「小幅変更」の影響を避けることができるようにします。

お客様サポートの向上

Reval と提携することで、ヘッジ有効性のテストとしてショートカット法またはクリティカル・ターム・マッチ法を認めない監査人から修正再表示を求められるリスクを大幅に低下させることができます。Reval と提携することで、ヘッジ期間中のヘッジ有効性の評価・測定機能を改善し、御社の監査人を納得させることができます。

法人向け商品の差別化を図っているのですか? Reval の企業向けトレジャリーサービスを追加してみてください。

デリバティブ管理の特徴

取引後の維持管理

  • ヘッジ会計および規制報告
  • 遡及的有効性の検証
  • 独自のバリュエーション (CVA)
  • 高度な回帰分析
  • リスク管理レポート
  • 在庫ポジションレポート
  • バックオフィスのイベント処理
  • 元帳記入および残高

ヘッジ評価

  • 過去および見積損益報告
  • 収入の認識
  • ベンチマーク分析
  • 相関分析