接続サービス

銀行およびサードパーティーシステムへの安全な接続

クラウドとの接続

ERPシステム、銀行のポータル、マーケットデータツール、取引プラットフォーム、リスク管理アプリケーション、トレジャリー・システムなど、財務の専門家は多様なソフトウェアアプリケーションを使用しています。 こうしたプログラムをすべて使用するのに、同じデータを複数回入力しなければならないことが多くあります。 このような手作業は非効率であるだけでなく、間違いが発生しやすくなります。

トレジャリー・リスクマネジメント・プロセスをエンドツーエンドで統合するソフトウェアなら、効率を高め、手作業が不要になります。 ストレート・スルー・プロセッシングやシステム統合が重要である場合、クラウド・プラットフォームが導入されます。ソフトウェア・アズ・ア・サービス(SaaS)テクノロジーにより、システムおよび関連会社を簡単に接続することができます。 さらに、すべての接続や契約はSaaSプロバイダーが管理します。

銀行接続とシステム統合機能

銀行接続情報の一元管理

グローバル銀行のパートナー企業による銀行口座取引明細書の取得を自動化します。銀行のインターフェイスはすべて正確に構成され、定期的に更新されます。

ペイメント

電子決済ファイルをFides、SWIFT、NTTデータの決済ゲートウェイサービス、EBICSに自動的にエクスポートします。 海外送金の状況を追跡します。

STPコミュニティ

トレジャリー・リスクマネジメント(TRM)のワークフローをサードパーティーのシステムに拡張します。 RevalのSTPコミュニティには業界大手のテクノロジープロバイダーが参加しています。

ERPインテグレーション

ERPシステムに接続し、仕訳を自動化します。 RevalはOracle Cloud Marketplace初のトレジャリー・リスク・マネジメントのアプリケーションで、SAP認定パートナー企業です。

Reval Connect

Revalのウェブサービスをご利用いただくと、さらに社内外のシステムにリンクできます。 標準のデータ交換プロトコルを使用し、シームレスな統合を実現します。

インターフェイスのアップグレード

全ての接続性は、常に一か所の窓口が対応し、 SaaSテクノロジーを活用するRevalでは、契約、インターフェイスの構成、定期的なアップグレードを行います。

Revalの銀行接続サービス

財務のプロフェッショナルは、複数銀行のプラットフォームからデータを探し、決済を実行するために数十以上の銀行のセキュリティキー管理に時間を無駄にすべきではありません。 Revalの銀行接続サービス(BCS)は、中規模以上の企業の財務部門に対し、グローバルな銀行接続を自動化する有効な方法を提供します。簡単な銀行のポーリングから安全な決済プロセス、銀行のインターフェイスのメンテナンスまで、Revalがすべて管理します。

Revalの銀行接続サービスの詳細については、ファクトシートをダウンロードしてお読みください。

cloudWLock
cloudWGears

RevalのSTPコミュニティ

財務のプロフェッショナルは、一つのアプリケーションから情報を手作業でエクスポートして別のアプリケーションにインポートしたり、日業業務でインターフェイス、アップグレード、複数ベンダーとのやりとりを心配する必要はありません。

RevalはスケーラブルなSaaSソリューションのトレジャリー・リスク・マネジメントのワークフローをサードパーティーのシステムに拡張します。 Revalのストレート・スルー・プロセッシング(STP)コミュニティではシームレスな操作が可能です。

連携しないシステムでお困りですか? SaaSテクノロジーを使ってシステムを一つにまとめませんか。

ニュース記事

今こそ知りたい「トレジャリー・マネジメント」の進め方

企業の経営戦略を実現するために、M&Aが重要な選択肢の一つとなっています。財務担当者にとっては、グローバル資金の把握が必要となりますが、それは容易ではありません。「トレジャリー・マネジメント」に関心を持つ企業が増えているのもそのためです。「トレジャリー・マネジメント」を導入するにはどのようなポイントがあるのでしょうか。導入の勘所をお伝えします。

東洋経済オンライン掲載記事