Reval、カスタマーサクセス管理の最高責任者にDuygu Cibikを任命

ニューヨーク、2016年4月14日 – エンタープライズ・テクノロジーの専門家で元ガートナー社のエグゼクティブであるDuygu Cibikが、カスタマーサクセス管理の最高責任者としてRevalの経営管理に参画することになりました。CibikはRevalが新たに創設したカスタマーサクセス管理(CSM)部門を率いることになります。同部署はRevalのクラウド型プラットフォームをご利用いただくお客様の財務・リスク管理をサポートいたします。

RevalのCEO兼共同設立者の大河内時郎氏はこれについて次のように述べています。
「企業にはRevalのクラウド型プラットフォームの多様な機能を活用するチャンスが少なからずあります。当社のカンファレンスにご出席いただいたクライアントの方からは、新しいことを学べてよかった、自分の職場に持ち帰って生かしたいという感想がよく寄せられます。Duyguの参画により、お客様の当社への関心がより高まり、当社に投資することへのメリットを実感していただけるようになるでしょう。Duyguは企業向けB2Bテクノロジーの最先端をいく企業でCSMという比較的新しい機能に関する専門知識を身につけており、頼もしい限りです。彼女を迎えることができて本当にうれしく思います」。

RevalのCSOの創設は、顧客体験の改善に向けた投資を続けているということであり、同社はそうした取り組みが評価されて業界でいくつかの賞を受賞しています。CibikはCSOとしてRevalのカスタマーサクセス管理チームをグローバルな立場から統率します。これはお客様の利益を代表する部署です。同氏には企業向けのサブスクリプション型ソフトウェアとサービスの戦略、製品、カスタマーサクセス業務全般を15年以上にわたって率いてきた実績があり、それを生かして当社の職務に取り組むことになります。

Cibikは次のように述べています。「Revalはお客様を手厚くサポートするという点で高く評価されています。私たちがこれから行おうとしている事は、お客様のサポートに対する重点的な取り組みを本当の意味で加速させていくことです。そうした取り組みは、あらゆるレベルのお客様にはっきりと声を上げてもらえるようなやり方で進めなければなりません。私には様々なテクノロジー提供企業で働いた経験があり、そうした目から見るとRevalにクライアント中心の企業文化が息づいていることは一目瞭然です。この会社に入社したのは、それを次なるレベルに引き上げるためです。」

CibikはReval入社までテクノロジーに関する調査・アドバイザリー企業である、ガートナー社で製品/カスタマーサクセス担当のバイスプレジデントを務めていました。さらにテクノロジーが売り物の新興企業Pixable社で最高執行責任者兼役員、欧州第3位の携帯通信会社Turkcell社のエンタープライズ製品管理・マーケティング部門の部長を務めた経歴もあります。また経営コンサルティング会社のマッキンゼー・アンド・カンパニー、オリバー・ワイマンでそれぞれクライアント関係、コンサルティングに関する上級職を務めた経歴も有しています。トルコ、イスタンブールのボアズィチ大学で産業工学の理学士号を取得後、ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得しています。

 

【本件に関するお問い合わせ先】
●本記事の内容に関するお問い合わせは以下にご連絡ください。

   Reval Japan株式会社 マーケティング担当 佐野 通子
  TEL     :  03-5288-5938
  e-mail  :    Michiko.Sano@reval.com

     Reval 広報担当  Zoe Sochor
  TEL     :  +1-212-901-9768
  e-mail : zoe.sochor@reval.com

●Revalのソリューション関する詳細は、以下にお問い合わせください。
  Reval Japan株式会社
  TEL      :   03-5288-5547
  e-mail  :   SalesJapan@reval.com
  サービスの詳細はこちら: http://www.reval.com/jp